DRM工法

HOME>管推進>DRM

三管王 MVP1450/MVP201/MVP301/MVP401/MVP402/MVP501

小口径管推進機『三管王』を使用し、ツールスを多用することにより「より正確に、より遠くに、より安全に」を開発の基本テーマとして『硬質塩化ビニル管・鉄筋コンクリート・鋼管』等の推進工事をはじめ特殊取付管工事などの小口径管推進工事分野において最も実績のある工法です。
また、生活環境に優しく労働環境に融和し、操作も簡便で騒音も少ないというメリットがあります。
DRM工法には大きく3つの工法(A工法・T工法・S工法)があります。

MVP1450

こちらで機械仕様を確認できます

MVP1450の画像

MVP1450(寸法)の画像

MVP1450(寸法)の画像

MVP201

こちらで機械仕様を確認できます

MVP201の画像

MVP201(寸法)の画像

MVP201(寸法)の画像

MVP301

こちらで機械仕様を確認できます

MVP301の画像

MVP301(寸法)の画像

MVP301(寸法)の画像

MVP402

こちらで機械仕様を確認できます

MVP402の画像

MVP402(寸法)の画像

MVP401

こちらで機械仕様を確認できます

MVP401の画像

MVP401(寸法)の画像

MVP501

こちらで機械仕様を確認できます

MVP501の画像

MVP501(寸法)の画像

HOME


一般管推進



PIT&DRM協会

Copy Right 長野油機株式会社 Since 1967